はじめに

すべての子どもの可能性を伸ばしたい


 育児の目的は一生涯において、生きていけるいのちの強さを育てること 。
 それは五感を自然の中で(人工的なものでなく)育てることにより、強くなっていくといわれています。
 人間の脳は0才から3才までに60%、3才から6才までに90%、あとの10%は成人するまでにゆるやかに発達していくそうです。人間の思考や記憶、感情の制御といった高度な精神活動をするのは前頭前野(おでこの裏、前頭葉の一部)という部分だそうです。
 そして、子どもの頃の遊びこそ前頭前野を活発化させるという事が明らかにされてきました。
 0才から6才までのこども園時代、思い切り遊ばせることに徹底したいと考えています。
 そして ほめて育てましょう。
 明治維新の立役者、吉田松陰は私塾松下村塾で、とにかく人をほめて育てました。人をほめることの天才だったそうです。どんな人でもほめるところを見つけて本気でほめたそうです。

 結果松下村塾のたくさんの門下生は明治を動かす逸材となりました。
 100人のうち99人はほめられて、育つそうです。
 ほめて ほめて 育てましょう。


園の概要

園名

認定こども園さくらんぼ 

 

姉妹園

認定こども園さくら(所在地・佐賀市 学校法人さくら学園)

認定こども園厳木森のこども園(1919/4/1 開設予定)

 

経営主体

社会福祉法人さくら会

 

法人の事業

認定こども園さくらんぼの設置経営

障害者支援施設SAKURAの設置経営

 

所在地(本部)

846-0041

佐賀県多久市西多久町大字板屋6519番地1

 

電話番号                 Fax

0952(74)3358        0952(74)3553